世界自然遺産に登録された「知床」は、
斜里町ウトロと羅臼町の二町にまたがった半島です。
今北海道で最も注目されている観光地。
羅臼からウトロまで知床峠を越えて
車で約35分、途中の眺めも見応えがあります。 
羅臼は昔から漁業の町。
世界でもまれにみる豊かな漁場を持ち、
魚介類やコンブなど「らうすブランド」と言われる
高級な食材の宝庫です。
メンメやタラ、ほっけなど
ほんとうに美味しい魚介類を食べたいなら
知床の羅臼です。



■羅臼の観光・見どころ・体験情報
●知床峠
 
 
市街から車で約15分、ウトロへ向う途中の頂上付近が「知床峠」です。この国道は日本で一番短い開通期間の道で6月〜11月の半年のみ通行できます。峠からはすぐ横に羅臼岳を望み、天気の良い日なら北方四島の国後島がくっきりと浮かんで見えます。

●望郷の森 展望台

 
市街中心部から車で約10分の高台に羅臼市街が一望できるこの展望台がある。天気が良ければ26km先にある国後島
 の姿を望むことができます。(上記写真)

●しおかぜ公園
 市街中心部から歩いて5分、国後島を望む場所にこの公園があります。映画「地の果てに生きるもの」の原作「オホーツク老人」の碑が建っています。

ひかりごけ
 
しおかぜ公園から海岸に沿って徒歩約10分、そこにマッカウス洞窟があります。黄緑色に発光している珍しいコケが自生しているのを見ることができます。

熊の湯
 

 市街から知床峠方向に車で5分。向かって左手の羅臼川のほとりに人気の「熊の湯」温泉 があります。(男女別)
 
泉質:弱アルカリ性低張高温泉

セセキ温泉
 ホテルから海岸線を走って知床半島の先へと向かう事車で約20分、右手の海岸に岩に囲まれただけの露天風呂があります。ここは、潮の干満の関係で7月・8月の引き潮の時にしか
入れない珍しい温泉。

 
泉質:食塩泉

相泊温泉
 セセキ温泉より更に岬の先端へと向かうことさらに車で3分。右側の海岸沿いに、この温泉があります。
 
泉質:食塩泉
★★知床の事ならおまかせください! ★★

「ペンション ラウスクル」がご案内します!

Top Page へ戻る