阿寒湖温泉ホテル山水荘

■阿寒湖遊覧船

阿寒湖温泉からマリモ展示観測センターのあるチュウルイ島を往復する60分コースと、雄阿寒大崎・景勝地滝口を往復する45分コースがある。
・マリモ観覧往復コース大人1,750円、小人920円
・景勝地滝口往復コース大人1,350円、小人680円
・高速船阿寒湖一周50分コース大人2,200円、小人1,140円
阿寒湖観光汽船TEL 0154-67-2511


■マリモ展示観測センター

マリモはシオグサ科に属する緑藻植物で阿寒湖ならどこにでも生息しているわけではなく、北岸のチュウルイ湾及びキネタンベ湾にいる。国の特別天然記念物のため生息地への立ち入りは禁止。マリモ展示観測センターは美しいマリモが一般公開されている観察用施設で、500個ものマリモの展示のほか、マリモの生育をジオラマ、地形模型、写真、イラスト、文字パネルで解説している。展示観察センターはチュウルイ島にあり、観光遊覧船を利用して行く事になる。


■阿寒国際ツルセンター


タンチョウの生態や行動などの研究、保護。展示や200インチの大画面でタンチョウの姿が見られる。冬季間には250羽ものタンチョウが飛来する。
・開館時間:AM9〜PM5
・休館日:年中無休
・入館料:大人400円、小中学生200円
阿寒国際ツルセンター


■登山

■雄阿寒岳登山(所要時間約徒歩3時間30分)
 阿寒の景勝地、滝口を出発、太郎湖、次郎湖を過ぎ、5合目付近が一番傾斜がきつい。途中にはミネザクラ、イワウメ、コケモモなどの花畑が続き、頂上からは阿寒湖、ペンケトー、パンケトー、雌阿寒岳のほか、天候により知床の山並みまで一望できる。

■雌阿寒岳登山
標高1,499mへ3つのコースがある。
阿寒湖畔コース(所要時間約徒歩3時間)
野中温泉コース(所要時間約徒歩2時間)
オンネトーコース(所要時間約徒歩2時間30分)




■アイヌコタン

湖畔の温泉街にある戸数36戸、約200名の北海道で一番大きなアイヌコタン(村)。広場に建てられた記念塔(モシリ・レラ)を中心にさまざまに軒を飾った民芸品店が並び、伝統的な作品から新しいデザインの物などたくさんの土産品が揃えられ、独特のムードが漂うストリートが造られている。ここでは国の重要無形文化時に指定されているアイヌ古式舞踊も見る事ができ、アイヌの伝統文化に直接触れられる場所として人気がある。
阿寒アイヌ工芸共同組合


■阿寒湖畔エコミュージアムセンター

阿寒カルデラの生成、マリモや動植物の生態などの資料展示をはじめ、阿寒に生息する野鳥の鳴き声が聞ける「野鳥音声システム」や阿寒湖の四季をマルチスライド、ハイビジョン映像で見る事もでき、遊歩道や登山情報もここで聞ける。
・開館時間:AM9〜PM5
・休館日:毎週火曜日(祝祭日の場合は翌日/7〜8月は無休)
     年末年始
・入館料:無料
阿寒湖畔エコミュージアムセンター


■阿寒湖畔散策

エコミュージアムセンターを起点に湖畔の森に延びた1,500mの自然探勝路で、途中ボッケや「マリモの唄」歌碑、石川啄木碑、松浦武四郎碑などがあり、野鳥やエゾリスなどが豊富に見られる。


■双湖台
阿寒湖横断道路(国道241号線)には展望台の双湖台があり、阿寒五湖のペンケトー(上の湖)、パンケトー(下の湖)が眺められる。ペンケトーは北海道の地形と似た形をしている。

■太郎湖・次郎湖
阿寒湖畔から弟子屈町へ約4kmの国道240・241号線には雄阿寒岳(1,371m)登山の入口、滝口がある。ここから徒歩10分の所に原生林に囲まれた海抜420mのちいさな太郎湖がある。


 


トップページ
宿のご案内
料理のご案内
料金と予約
リンク情報
ペットと宿泊
アクセス
周辺観光
新着情報


釧路市 阿寒町 阿寒湖温泉 1-3-15 ホテル山水荘     
 TEL 0154-67-2101 FAX 0154-67-2307
ホテル山水荘